こんな用途に横断幕を使うと効果的

横断幕と言えば横に長い文字やイラストなどが描かれている生地のことですが歩道橋などに使われているイメージが強いかと思います。色々な所で色々な用途に使われていますが大体はターポリンと呼ばれる強い布でできているのが特徴です。ビニールでコーティングされているので雨風にも強く劣化しにくくなっており屋外で使えるようになっています。
看板ではありませんし布で軽いので落下しても危険性が少ないのもメリットでしょう。自分の好きなデザインで作れますしセンスのいいものを作れます。法人やお店などで作ることも多い横断幕ですがデザインができなくても個人で作ってもらう事もでき比較的安価なのもうれしいところです。
多様な用途を知れば横断幕のまだまだ知らない魅力もわかりますし探っていきましょう。

看板のかわりに使うこともできます

一番多い用途は看板の代わりに使うことでしょう。普通の看板は金属や木製のものが多いのですがこちらなら布ですので簡単に窓の下などでも取り付けられます、当然取り外しも簡単ですしプロにしてもらう必要もありません。汚れてもターポリンならすぐに洗い流せるのも嬉しいところでしょう。
安価でできるので一時的なイベントなどに使うこともできます、フェンスなどにも取り付けられますし自由自在です。
あと森林に使うこともできます、ヒモで取り付けられますので木と木に括り付けるのもいいでしょう。印刷をする時にはフルカラー印刷ができますので派手なものからシンプルなものまで出来ます。飲食店で使うならお店で出している料理の写真を印刷することもできおいしい料理がアピールできるのもうれしいところです。

個人的用途ならこんな風に使うことも

個人的に使うならアイドルのコンサートやライブの時に応援に使うこともできます。本物の看板を持っていくと迷惑になりますがこちらなら布製ですので禁止されていない限り持ち込み出来ます。広げると大きいのでアイドルに見てもらいやすくなるでしょう。
勿論スポーツの応援の時にも使えます、括り付けて応援すれば選手のモチベーションアップにもつながるでしょう。
括り付けるような場所が無い場合でもみんなで布を持って掲げることができますし非常に便利なアイテムです。使った後は自分の部屋の壁に飾ることもできインパクトのあるインテリアにすることも。
文化祭の時の模擬店などに使うのもいいでしょう。勿論地域のお祭りの時の屋台に使うのもおすすめです。
これからも愛されるアイテムになるでしょう。

Comments are closed.